WORKS

Prefabricated traditional house

京都の建築文化研究所との共同設計。茶室を中心とした数寄屋住宅であるが、格子状の空気層パネルと泥壁パネルによって日本住宅の工法を簡易化。大幅な工事費用の削減となった。


風の曲がりくる家

施工は大工家。大工さんに躯体から飫肥杉の仕口・継手を刻んでもらった。この杉特有の赤み、節、葉節の荒々しさをあえて仕上げ材として使用。夏に涼しくなるように通風の、冬は暖かくなるように採光の計画に細心の注意を払った。


須恵の小屋


糸島の長屋


飫肥杉と漆喰の家


和風住宅のリノベーション。樹脂(赤み)を多く含んだ耐久性のある飫肥杉を、内外部の壁、床、家具の仕上げ材として使用。木の葉節の多い荒々しい表情と白い漆喰のコントラストが心地の良い空間となった。


Apartment renovation


FUBAR


M float lounge


GO-MARU


Kivax International


あかり珈琲